鬼滅の刃のおすすめグッズはコチラ

ゴールデンウィークにいかが?dアニメストアで絶対おすすめ!面白くて懐かしい1990年代アニメ作品まとめ【料理漫画編】

アニメ大好きなアラサーのみなさん!最近のアニメももちろん面白くて大好きですが、でもちょっと物足りない。。。そんな時ありませんか?

私はそれが安心感だと思います!昔懐かしいアニメを見ているとなんだか懐かしく、暖かい気持ちになります。
今のアニメのドキドキ、スリリングな展開に少し疲れてしまったときは、子供の頃にみたアニメを見ると新たな発見ができてとても面白いですよ!

今回はdアニメストアで見られる、懐かしのおすすめアニメをまとめて見ました♪
動画選びの参考によかったらどうぞ!

料理アニメの定番!クッキングパパ

言わずもがな、誰でも一度は見たとこはあるであろう料理漫画の巨頭クッキングパパです。
家族や会社の人たちの中で、主人公のクッキングパパこと荒岩一味が料理と暖かい心で解決していく、ホームドラマアニメです。初期は一味が料理をしていることを隠していましたが、途中からはみんなで料理を親しむ展開になりました。

料理漫画としてももちろん面白いのですが、アラサーになってクッキングパパを見て思うことは、荒岩さんがいかに人としてパパとしてかっこいいんだろう!
理想の旦那さんであり、頼れる上司でもあるということです!

昔は料理の上手い顎のしゃくれたパパとしてしか印象がありませんでしたが、息子のまことが失敗したとき、いけないことをしてしまった時の対応、妻の虹子さんは仕事が忙しく料理が苦手なため一味(パパ)が定時で帰り夕飯を作り、まことに対してもしっかり向き合っているところ。(一味が忙しいときは夫婦お互いでしっかりサポート)

会社では部下のお調子者だけど憎めない田中にきつめのカツを入れつつ、ご飯を食べさせたりしっかりサポートしていたり、ゆとり新卒の梅田に対しても優しく社会人として困らないように対応してあげたり、頼り甲斐のある理想の上司。
荒岩さん大好きの虹子は私は大好きなのですが、これはちょっと好き嫌いが別れるかも。。。

と言うかこの1990年代アニメでも新卒はゆとりっぽく書かれているのでほんと近頃の若者はとかゆとり世代とか関係ないだろうと思いますね!話ずれちゃったけど!

子供の頃は、息子のまこと目線で楽しく見ていましたが、パパママだったら荒岩夫婦、独身の人だと田中、新婚だったら梅田、とどの年代の人が見てもその時々に出てくる悩みや困りごとを料理と荒岩さんの優しさで解決していくところが見ていてほっこりと暖かい気持ちになります。

普通に料理シーンも面白く、個人的に昔から大好きなのは虹子さんのスシフライ回です!
中毒性があり何度も見たくなります!
作者さんは必ずその料理を作って試すそうなので、味は美味しいらしいのですが試す勇気はなかなか出ないですね…

一番の驚きはまだ連載が続いていることです!
小学生だったまことも大人になっていて、また漫画も読んで見たいですね♪

料理演出は宇宙一!中華一番

こちらは料理漫画界でも料理シーンや食べた時の感動を表す表現がダイナミックでビックバーンのような衝撃のある料理漫画です!

舞台は中国の清朝末期、四川省に住んでいる劉昴星(通称マオ)が特級厨師という料理界の最高位になるために故郷から離れた広州にある陽泉酒家というお店で修行をし、様々な人との出会いの中で料理人として、人としての成長をしていく料理漫画です。

今まで私がみた料理漫画の中でも、料理を食べてみたいと言うよりも食べた時の感動の表現が面白いのと、マオが成長していく過程が冒険漫画のような感じでいつも楽しく見ていました。
私の好きなエピソードはマオが陽泉酒家に入る試験を合格し、陽泉酒家の人たちと仲良くしようとしたのですが、兄弟子のサンチェにマオはいじめられてしまうのです。
実は陽泉酒家は定員制でマオが入ったので、サンチェが辞めさせられることになってしまいました。マオは定員制に納得が行かず、サンチェと二人で陽泉酒家を辞めてしまいました。
陽泉酒家を見返すために二人で店のまで露店でお店をだし、陽泉酒家の人たちに二人のことを認めてもらい、二人とも陽泉酒家で働くことを許してもらいました。
いい話だー!二人はこれから料理の修行を切磋琢磨していくのかと思いきや。。。

次の日の朝サンチェは置き手紙と料理道具を置いて実家へ帰ってしまうのでした。
それには色々理由があるのですが、陽泉酒家のルールを返させて置いて次の日何も言わずに買えんのかい!!っとつっこんでしまいました笑
サンチェの実家での問題とかサンチェのトラウマとか本当にいい話なんですが、最後に帰っちゃうのかー!!ってなっちゃいました!
このだいぶ後にサンチェは頼れる味方として帰ってきてくれるエピソードも大好きです♪

もちろんアニメも好きですが、OPとEDの曲が流れると懐かしさがブワァーと溢れてきてとても大好きです!

大黒摩季さんの「空」
ZARDの「息もできない」
DEENの「君さえいれば」
作詞作曲が小松未歩の「青い空に出会えた」
宇徳敬子「風のように自由」

大黒摩季さん以外は名探偵コナンのOP、EDでもおなじみの方々ですね!
1990年代はアニメももちろん主題歌が本当に素晴らしい!
アニソンっぽくないのですが、それぞれの歌に雰囲気がありアニメの映像と合わさって聞いているだけで胸が熱くなる、アニメの情景が浮かぶような趣のある歌ばかりです。

特に「青い空に出会えた」は、EDのメイリィが普段のアニメよりも大人っぽいのととても爽やかな夏の青空を思わせる曲でとても大好きです。
アニメでは曲が短いですが、フルで聞くと実はこの曲は別れの曲なんですよね。
それぞれ違う道へ行ってしまうけれど、笑って会える日がくるなんて寂しいって切ないですね!

他にも1990年代のおすすめアニメがあるのでまたまとめてみますね♪
よろしければあなたのおすすめのアニメもコメントで教えてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA