鬼滅の刃のおすすめグッズはコチラ

鬼滅の刃最新話186話「古の記憶」ネタバレ感想・考察まとめ!縁壱が愛した”うた”との悲しい記憶…巌勝はなぜ縁壱に笛をあげたのか?【きめつのやいば】

週刊少年ジャンプで連載中の鬼滅の刃の最新話186話「古の記憶」のネタバレ考察感想記事になりますので、ネタバレを読みたくない方はご注意ください!

まめみ

ついに鬼滅本誌の感想や考察を始めちゃった、まめみ(@mamemi_ki)です!

186話は始まりの剣士縁壱の謎だった過去に驚いたのではないでしょうか!?

前回の185話の内容を振り返りつつ、186話の内容を見てみましょう!

鬼滅の刃185話「匂いのない世界」の内容を復習

鬼舞辻戦に悲鳴嶼・不死川合流!炭治郎が匂いのない世界で目にするものは

鬼滅185話「匂いのない世界」の復習で内容を簡単にまとめました!

・目覚めた禰豆子は鬼のままだが、死んだ父親に導かれ炭治郎の元へ向かう

・鬼舞辻無惨との戦いで悲鳴嶼行冥・不死川実弥が合流

・炭治郎は死の淵で遺伝子した先祖の記憶「匂いのない世界」に迷い込んだ

悲鳴嶼行冥と不死川実弥が合流したことで、日の出まで鬼舞辻の攻撃を耐えるのみだった戦況から少し変わりはじめました。

鬼舞辻を斬っても再生して一切ダメージを与えられませんでしたが、実弥の投げた油の瓶に火をつけた攻撃では鬼舞辻は少しひるみました!

 

そして鬼舞辻無惨が死んだと言った炭治郎は実際には生きてはいますが虫の息に弱っていて、死の淵で匂いのない世界という炭治郎の遺伝子した記憶の世界の中に迷い込みました。

今後どうなるのか気になる点についてもまとめてみました!

・炭治郎は匂いのない世界でヒノカミ神楽拾参ノ型を習得することができるのか

鬼滅186話ではこの謎は解明されるのか!?

鬼舞辻無慘との直接対決がどうなってしまうのか見てみましょう!

鬼滅の刃186話「古の記憶」に登場する主要キャラクターについて

鬼滅の刃184話に登場する登場人物たちが現在どういう状況になっているか、戦闘で傷ついてしまった怪我の状態についてもまとめました!

主人公・竈門炭治郎

・鬼舞辻無惨に受けた血の猛毒により、死の淵で炭治郎の先祖の遺伝子した記憶の世界に迷いこむ

村田

・炭治郎を必死に助けようとするも、動揺しすぎてパニック状態

村田といた鬼殺隊士

・無限城で村田たちと一緒にいた鬼殺隊士

・愈史郎が下敷きになっているのを助けるために、村田を呼びに来た

炭吉・すみれ

・炭治郎の祖先の炭吉は炭治郎によく似ていた

・すみれは「炭吉」と「すやこ」の子供で、瞳の色が禰豆子に似ている

継国縁壱(つぎくに よりいち)

・鬼舞辻無惨を死の淵まで追いやった伝説の鬼狩り

・上弦の壱・黒死牟の双子の弟であり、鬼殺隊の戦術である呼吸を伝承した始まりの呼吸である「日の呼吸」の使い手

うた

・家族を流行病で無くし、身寄りのない女の子

・縁壱との出会いをきっかけに…

まめみ

炭吉の記憶の世界は今まで見てきた鬼滅の世界を別視点から見れて、めちゃくちゃ面白いぞ…!

鬼滅の刃186話「古の記憶」ネタバレあらすじと内容

鬼滅の刃の最新話186話「古の記憶」のネタバレとあらすじを簡単にまとめました!

・死の淵の炭治郎が迷い込んだところは祖先「炭吉」の記憶の中

・炭吉が縁壱に助けてもらってから2年経っていた

・縁壱の視点から初めて家族のこと、鬼殺隊士になるまでのことが語られた

・鬼舞辻無惨を死の淵まで追いやった縁壱の戦いがついに明かされることに

縁壱については黒死牟や炭吉など色々な人の視点から語られることがありましたが、ついに縁壱本人から今までどうやって過ごしてきたかを語られました。

まめみ

色々な人から縁壱って完璧な人間だと思われていましたが、まさかこんなに辛い過去があったとは…

鬼滅の刃186話「古の記憶」のネタバレ解説と考察について

まめみ

鬼滅好きのまめみの考えた解説と考察になっています!

今回の重要なポイント3つをまとめました!

  1. 炭治郎が死の淵を彷徨った時に見る先祖「縁壱」の記憶
  2. 上弦の壱・黒死牟(継国巌勝)から見た縁壱と縁壱から見た巌勝
  3. 対峙する縁壱と鬼舞辻無惨 その傍にいる珠世

1. 炭治郎が死の淵を彷徨った時に見る先祖「縁壱」の記憶

今までも炭治郎は鬼との戦いで何度も死の淵に立ち、先祖の記憶を頼りにピンチを脱してきました。

今回186話で縁壱と炭吉が2年ぶりとありましたが、鬼滅の刃12巻第99話「誰かの夢」2年前の出来事が載っています。

この時も炭治郎は上弦の陸 堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)との戦いで怪我をし、2ヶ月間眠っている間に「炭吉」の記憶を見ました。

 

炭治郎が眠っていた間に見た炭吉の記憶の内容をまとめました。

・縁壱は炭治郎の祖先の炭吉とすやこを助けて、炭吉の家にしばらくお世話になっていた

・炭吉は縁壱が後継者がいないことを心配していた

・縁壱は炭吉に「道を極めた者が辿り着く場所はいつも同じだ」と言った

 

その時縁壱は自分のことをこういっていました。

「私は大切な人を何一つ守れず」

「人生において為すべきことを為せなかった者だ」

「何の価値もない男なのだ」

 

縁壱が家を出た後に”うた”という女性と結婚し、その子供と”うた”が鬼に殺されてしまっていたなんて驚きましたね…

縁壱は炭吉を通して、自分の夢だった「家族と静かに暮らすこと」を見ているのかもしれません。

特に2年前炭吉と出会った頃は、本当ならこういう風に縁壱も自分の子供を抱いていた未来があったかもしれないと思うと本当に辛いですね。

大切な者を失っても鬼狩りを続ける縁壱の心の支えが、炭吉家族になっていたのではないでしょうか。

 

この時点では炭吉は日の呼吸を受け継いでいませんが、炭治郎の父親の”炭十郎”はヒノカミ神楽として日の呼吸を使っていて、花札の耳飾りも受け継いでいるので、今後炭吉が受け継ぐ場面がくるところが楽しみですね!

上弦の壱・黒死牟(継国巌勝)から見た縁壱と縁壱から見た巌勝

鬼滅の刃177話「弟」の話と今回の186話「古の記憶」を見ると黒死牟(継国巌勝)と縁壱の同じ出来事なのに、2人で全く違う捉え方をしていていました。

黒死牟(継国巌勝)から見た幼少期の縁壱
  1. 常に母親にしがみつき、赤子の頃からニコリとも笑うことがなかった
  2. 巌勝は縁壱を哀れに思い、縁壱の元へ父の目を盗み遊びにいった
  3. 巌勝が自分の持ち物をあげると怒られるので、笛を作って渡した
  4. 七つになるまで喋らず耳が聴こえないと思いきや、流暢に喋りかけられた
  5. 兄と同じ侍になるといって、初めて打ち込みをして大人を失神させた
  6. 縁壱には生き物の体が透けて「透明」に見えて、己よりも遥かに優れていた

この黒死牟目線で縁壱を見てみると縁壱の異質さが際立って見え、自分の兄弟が同じような状況だったら恐ろしく感じますね…!

昔から黒死牟が縁壱のことをずっと嫌っていたように見えます。

しかし縁壱の記憶を見てみるとどうでしょうか?

幼少期の縁壱の記憶
  1. 縁壱は耳が聴こえず、口を利かなかった?
  2. 兄は優しい人でいつも縁壱を気にかけていた
  3. 父から縁壱を構うなと殴られた翌日も笛を持ってきてくれた
  4. 助けて欲しいと思ったら笛を吹けば助けに来るといった
  5. 出家するように言われていたが、寺には行かず自由に走り回った

 

ここで面白いなと思ったことは、縁壱の記憶では巌勝は優しい兄だったということです!

縁壱と巌勝の記憶ではそれぞれ思っていることは違えど、一緒に遊んでいたことや自分の持ち物をあげると怒られるということと、笛をあげたことは事実なので、縁壱がいったように昔は2人でそれなりに仲良くしていたのだろうなと思いました。

ここでなぜ巌勝が笛をあげたのかということに注目してみます!

巌勝が縁壱に笛をあげた理由は優しい気持ちを持っていたから?

縁壱は7つ(数え年なので現在の6歳)になるまで喋りませんでした。

口は利けませんでしたが一緒に遊ぶことはできたので、読唇術で言葉を読みとり、話している内容は理解できていたと思います。

しかし話すことができないので、何かあっても人を呼ぶことができません。

そんな縁壱のために巌勝は「すぐに兄さんが助けにくる」だから何も心配ないと笑っていったとあります。

巌勝にしたらそこまで深く考えずに笛をあげたのかもしれませんが、縁壱にとっては生涯肌身離さず、ずっと大切に持ち歩いた大切な笛となったのです。

ちなみに縁壱が笛をしまっていた袋は、殺された縁壱の妻”うた”の着物と同じ柄の色違いの袋でした。

そして縁壱を殺した後もその笛を巌勝も手放すことができませんでした。

縁壱の夢と巌勝の夢

縁壱の桁外れな強さに激しい嫉妬と憎悪していた巌勝ですが、根本は縁壱のようになりたいという気持ちでした。

縁壱の夢は妻と子供との平穏な日々で、巌勝にはどこか退屈になるような毎日でした。

 

双子なのに夢やなりたい姿がお互い分かり合えず、二人はすれ違ってしまいました。

鬼になる道を選んだのは巌勝自身ですが、縁壱の家を出た後の話や縁壱の気持ちを巌勝に話をしていれば結果は変わってきたのではないかなと思いましたが…どうでしょうか?

まめみ

今まで語られていた縁壱の姿とは違う、炭吉の中の縁壱は人間味のある暖かくて優しい性格で、悲しい過去を持った人物でした…

3. 対峙する縁壱と鬼舞辻無惨 その傍にいる珠世

鬼舞辻無惨と縁壱が対峙した時期はまだ巌勝が上弦の鬼になる前でした。

縁壱が鬼舞辻無惨と会った時は、珠世は鬼舞辻無惨の仲間だったのです。

鬼滅の刃16巻第138話「急転」でも鬼舞辻無惨が珠世に「大勢人間を殺していたがあれは私が見た幻か?」と言っていたので、ある一定の時期に鬼舞辻無惨と一緒に人間を殺していたのです。

五峠呼世晴短編集に収録されている「過狩り狩り」は鬼滅の刃の元になった作品で、そこでは鬼舞辻無惨と珠世が協力して戦っています。

鬼舞辻無惨は縁壱と戦って、死ぬ間際まで追い詰められたところを逃げだせたのはおそらく珠世の血鬼術のおかげでしょうね!

縁壱がどうやって鬼舞辻を追い詰めたのか、続きが気になりますね( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

鬼滅の刃186話「古の記憶」のまとめ

縁壱の過去が辛すぎる…強すぎる縁壱を理解していたのは炭吉ただ一人

今週の鬼滅は今まで色々な人に語られていた縁壱の空白の過去が明かされました。

縁壱は今まで黒死牟目線からは人間離れした強さを持ち、何を考えているかわからず気味が悪いと言われていましたが、実は物事の本質を見抜く天才という姿でした。

炎の呼吸の剣士からは縁壱と鬼舞辻の戦いの話を聞いて、あまりの実力差に自信を失ってしまったりと鬼殺隊の柱と比べても超人的な実力をもつ剣士ということでした。

人は誰しも色々な顔を持っていてどれも縁壱の本当の姿ですが、炭吉の目から見た縁壱は大切な人を鬼によって失ってしまった悲しい過去を持つ、心優しい剣士という姿でした。

 

縁壱の妻となった”うた”という女性の瞳は「黒曜石のような瞳」とありました。

鬼滅の刃13巻第113話で炭治郎が炭吉の記憶を思い出した時に、炭吉の妻のすやこが縁壱の日輪刀のことを「普段は黒曜石のような漆黒なのね」と言っていました。

”うた”を殺されて鬼殺隊に入り、うたの瞳を思い出す日輪刀を見て縁壱はどう思って鬼に刀を振るっていたのでしょうか…

まめみ

縁壱の過去は本当に辛かった…天国ではうたと子供と幸せに暮らしてるんだろうな…

 

私の感想で「それは違うんじゃないかい!」や「面白かった!」などご意見を頂けると嬉しいです(*ˊᵕˋ)*

皆さんの考えた考察や感想なども、ぜひぜひコメントください!

みんなで鬼滅の刃を楽しみましょうね( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )⁾⁾

鬼滅の刃のアニメはAmazonプライムで!

鬼滅の刃の本誌の内容が辛すぎる時は鬼滅アニメを見ることをオススメします!

アニメは先の内容がわかっているので安心してみれますし、何度見てもやっぱり鬼滅の刃は面白いですね(⁎˃ᴗ˂⁎)

Amazonプライムなら「30日間の無料お試し体験」で無料で視聴することができます。

無料お試しは、30日間で解約すると料金はかからず無料で見ることができるので、試ししてみてもいいですね!

鬼滅の刃最新巻の情報や最新の可愛い鬼滅グッズ情報

通販で買える!鬼滅の刃グッズまとめ

まめみの選んだ鬼滅の刃厳選グッズと実際に買ったグッズの写真も載せてありますので、グッズ選びの参考によろしければどうぞ!

鬼滅好き!まめみの鬼滅の刃グッズの厳選まとめ300点!おすすめグッズはこれだ!炭治郎、禰󠄀豆子のぬいぐるみやフィギュア!

【最新巻】鬼滅の刃の18巻の発売日は?書店限定特典はあるの?

鬼滅の刃最新巻の18巻が12月4日に発売されます!

17巻には数量限定で書店限定特典が配布されましたが、18巻には一体どんな特典がつくのかを調べて見ました!

鬼滅の刃18巻の発売日は?書店限定購入特典はどこでもらえるの?アニメイト限定特典は?特典配布店舗について【きめつのやいば】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA